アブノーマル体験談

【デカチンでセックスしまくりたい】出会い系掲示板で巨根好きな女を募集してセックス体験談

  • 「女性の憧れ「巨根デカチンとセックスをしてみたい」
  • 「一度すると病みつきになるデカチンセックスでもっと変態プレイがしたい」
  • 「今の彼氏は短小チンコだから巨根デカチンなセフレが欲しい」
  • 「巨根デカチンな絶倫男性にひたすら攻められたい」
  • 「太くて持久力があり硬いチンコでイカされたい」

と一度は「デカチンセックス」を経験してみたいと思う女性は多いようです!

 

「デカチンセックス」は病みつきなり、セックスも興奮して行えるようです。

太くて持久力がある硬くて気持ち良いペニスを持っている男性とのセックスは本当にはまります。

 

何とも言えない圧迫感や奥まで突かれている感じを一度体験してしまうと普通のサイズのペニスでは満足できなくなりますよね。。。

 

でも、実際はそんなアブノーマルなプレイ相手がOKしてくれないと思っている皆様!

安心してください!

 

今回は「巨根の男性が出会い系で出会った女性をセフレにしまくった体験談」を紹介します。

出会い系掲示板で巨根好きな女を募集してセックス体験談

 

巨根ゆえにのヤリチン人生。

俺は小学生の頃から同級生に比べてペニスがデカかった。

 

その頃はそれが恥ずかしかったが、今となってはデカく生んでくれた両親に感謝するほどだ。

 

そんな俺はネットにまことしやかに囁かれている

「女の子は巨根が好き」

「巨根は気持ちいい」

 

なんていう噂とともに、デカいとモテるぞ!なんていうネットの情報があり、本当にモテるのか試してみることにした。

 

まずは軽い調査ということで、周囲の女友達にそれとなく聞いてみることにした。すると当たり前のように「デカいと痛そう」「入らないと思う」なんていう当たり障りのない解答が帰ってきた。まぁ、気が知れた男友達とはいえ「デカいの大好き!」なんて声高々と言うはずもない。
ということで実地調査に乗り出すことにした。何事もフィールドワークに勝るものはない。
幸いというべきか、大学とはそういうことに向いている場所である。たまに乱交パーティーなんて開いているサークルもあるくらいだ。
で、実際に同級生や後輩数人とセックスをしてみた。すると、俺が思う以上にいい結果が出た。
最初はデカいのは嫌いなんて言ってた女の子が、デカチンを見た瞬間から目の色が変わり愛おしいそうに口の中に含んで、じゅぶじゅぶと音を立てて美味しそうに舐めたり、照れて答えなかった女の子は本当はデカい方が好きだったらしく、自分から腰を振るほどだった。
なかなか上手くいったので、次は本当にモテるかを試すことにした。それを実験するために彼氏持ち4名を選ぶことにした。
自分でいうのもなんだが、顔は結構なイケメンである。だが、今回の実験はデカチンはモテるのかであるため、デカチンをアピールしてどんな反応を示すかを見てみることにする。ヘタをすると変態扱いを受けるが、なんとなく自信があった。
1人目は後輩のユイコだ。後輩という立場上、「デカチンは好きか?」という質問でも邪険にできず笑って誤魔化す。
そこで「いやいや、ちょっとした調査だからさ。俺のがデカいか意見が欲しいんだよ」なんて頼んでみると、案外すんなりとOKをもらった。
で、見せてみて意見を聞いてみると「大きい…」という解答をもらった。
「手コキしたらもっとデカくなるから、してみて」と頼んだら、コクリと頷いて俺のをしごきはじめた。
みるみるデカくなっていくチンポをずっと凝視しているユイコ。それを見て「このままフェラしてよ」と言うと「彼氏がいるから無理です。でも…手でなら最後までしてもいいですよ」と言ってくれて、そのままユイコの手で最後までした。
最初から上々の成果と言える。
そうそうに次へ移ることにする。
名前はナミエ。ユイコには悪いがナミエの方が可愛い。
小さい身長でおっとりした性格である。
さっそく「チンコってデカい方が好き」と聞いてみると、「なに言ってるんですか先輩」なんて笑われた。
「いやいや、本気で」と聞くと「まぁ小さいより好きですよ」という返答が。
「じゃ俺のデカいか見てみよ」というと「えー」なんて言いながらOKしてくれた。
見せてみると「ずごい」という第一声。彼氏より大きいでよーなんて言う始末。
「手でしたらもっとデカくなるよ」というと「もー彼氏には内緒ですよ」と言って手コキしてくれた。
そのままの勢いで「フェラして」と頼むと「…先輩なら、いいですよ。でも、彼氏には絶対に言わないでくださいね」とおもむろに口に含みはじめた。
先端をキツく吸った後に、全体をゆっくりとなめ回す。なかなかにテクニシャンだ。
さすがに口の中には出せなかったが、そのまま最後まで口でしてくれた。
二人目の結果はフェラまでOKというさらに嬉しい結果であった。
三人目は趣向を変えて、ギャルの女の子のサオリに質問してみた。
「デカいの好き?」なんて軽く聞くと「デカい方が気持ちいいとは思うけどー」という。
「俺のデカいんだけど、見てみる?彼氏よりデカいと思うよ」と聞くと、「ふーん、どれくらい?」と長さを聞かれたので「20㎝くらい」と答える。
すると「マジ?それは見てみたいわ」というノリノリの解答が帰ってきたのでトイレに連れ込んで見せることにした。
以外にも見せると顔を真っ赤にしていて、可愛い反応が返ってきた。
「これってもう固いの?」と聞くので「触ったら分かるよ」と手を取ってチンポに押し当てる。すると、こっちが何も言わずとも手コキをはじめた。
これはイケけると思って「フェラもしてみて」というとあっさりと咥えてくれた。
「マジやばい」なんて言いながら、フェラしながら手コキも加わる。
調子に乗って「入れてみる?」と聞くと、「それは彼氏いるからさすがに…」というので「じゃ口の中で出していい?」と頼むと「まぁそれなら」との口内射精OKをもらった。
唾液を垂らしながら喉元までくわえ込み、舌が動き回る。さすがに慣れている。
頭を上下に激しく動くので、すぐに果ててしまった。
口の中に大量に出すと「量もすご…」といい、ゴクリゴクリと俺の精液を飲み干してくれた。まさかそこまでしくれるとは思ってなかったので、かなり興奮した。
3人目も、デカチンをアピールして見せるとフェラまで簡単にしてくれることが判明した。
4人目は同じサークルのナツミ。実は前から狙っていた女である。
さっそくアピールすると「バカっ」と笑われた。でも、「デカいチンポ最高に気持ちいいぜ。試してみる価値ありだって」という「マジで言っての?」と少し真顔になった。
ここで引く気なんて毛頭ないので、グイグイと押してみる。今までの経験を生かし、ハメるまでいきたいとすら思ってた。
すると「どれくらいデカいの?」と聞いてきたので、20㎝くらいと答えると「え…マジで?」と食いついてきた。
「ほら、見せてやるから」とナツミの手を取ってカラオケへ連れて行く。
カラオケならそれぼと警戒心も抱かず連れ込むことができるし、防犯カメラにさえ気を付ければエロいことだってできる。
ヘタなラブホテルより安価で大音量で声は聞こえないしといいこと尽くめだ。
ナツミはサークル内でも1番人気の美人であるが、彼氏がいるために今までは手を出さなかった。
でも、今ならイケるという確信じみたものがあった。ある意味これまでの実験はナツミを落とすための予行練習でもあったのだ。
カラオケに着くと、さっそくチンポを見せてみる。
ナツミは最初笑っていたが、俺の見るや否やまんざらでもなくなったようで「ホントに彼氏よりデカいんだけど」と言われた。
「ならフェラしてよ」と言って迫ると、「でも、彼氏いるし…」と煮え切らない様子。それでも俺は強きに出て「俺マジだから。お前だってまんざらでもないんだろ?俺のしゃぶってくれよ」とさらに迫る。それでも「んー…」なんていうもんだから「いいからしゃぶれよ」と語尾を強くする。
するとナツミは「もう分かったから、そんな怒らないでよ」と手コキをはじめた。
手コキまでなら今までだってできた。問題はこの先でフェラをしてハメられるかだ。
「舐めろ」と命令口調で言うとナツミは素直に俺のチンポを口に入れた。
ここでなんとなく、ナツミはMで命令口調気味なら素直になるのではないかと思った。
「もっと奥まで咥えろよ。じゃなきゃやめちまうぞ」と試しに言ってみると「ここまできて、そんなこと言わないでよ」と奥まで俺のデカチンを飲み込んだ。
俺はナツミの頭を掴むとグポグポと音が出るほど、頭を激しく動かす。それでもナツミは嫌がる素振りを見せず、俺のを離さないようにしっかりくわえ込んでいる。
ナツミの口を十分に堪能した後、服を脱がせて胸をもみしだき、可愛らしいピンクの乳首をこねくり回す。
「んっ…んんっ……」と声が漏れはじめる。ナツミの胸は思ったよりもデカかった。こんなデカい胸が目の前にあって、パイズリしないなんて選択はない。
「パイズリしろ」と命令すると「うん」と頷き、俺のデカチンをその豊満な胸に包み込んだ。
「上手いじゃん。彼氏にもやってんの?」と言うとナツミは顔を赤らめて「やってないよ」といい「どうしたら気持ちいいの?」と自分から聞いてきた。
「唾液垂らしてジュポジョポやってくれ」と答えると、ナツミはその通りに唾液をデカチンに垂らして必死に胸を上下させながら、俺のをくわえ込んでジュポジュポと音を立てながら吸う。
「お前って実はMだろ」
そういうと「なにそれーもう最悪。彼氏にも悪いし」と言うので、頭にきて「今日から俺が彼氏だって言ったろ。俺から離れなくしてやるから」と言って頭を押さえ込む。
ナツミはそれを受け入れる。
完全に勃起して、もう辛抱たまらなくなって入れたくなってきた。
俺はナツミに上に乗れよと言うと、ナツミは素直に俺の上に跨がって腰を振り始めた。
「俺が彼氏だからな」そう念を押すように言うと「うん」と頷いた。
「彼氏と別れろよ。俺のデカチンの方がいいだろ?」
ナツミは必死を腰を動かしながら「うん、うん。別れる」とうわごとのように呟く。
それに合わせて、下から突き上げてやると「あっ…だめっ…すごく気持ちいい」とめちゃくちゃ感じているようだった。
俺も完全に今の状況に興奮していた。カラオケで、しかも狙ってた女が俺の上で腰を振ってるなんてまさに夢みたいだ。
「マジで気持ちいいよ」そう言って、起き上がり対面座位になる。そして、ナツミのデカい胸にしゃぶりついた。
「昔から狙ってたんだよ、マジでお前とヤリたかった。お前で何回抜いたか知ってるか?」ってナツミに言うと「薄々わかってたけど、彼氏いたから」と言い訳をする。
「でも、今日からお前は俺の彼氏だろ?」そう言って奥を突き上げる。
「うん…うん…そうだよ。あっ…んっ…あぁっ」
どうやら奥がそうとう気持ちいいらしい。
「そんな激しく腰振ったら、イっちゃうぜ。いいのか?」そういいながら、俺はさらに子宮の奥を責める。
「奥…奥いいのっ!…気持ちいいっ!!」
ナツミの腰使いがさらに激しくなっていく。
正直かなり気持ちいい。俺を搾り取ろうとギュウギュウと締め上げてくる。あんまりに激しくて俺もそんなに保たない。
「もうイくぞ。もう出るっ!中で出してもいいよな?」と聞くと、ナツミも完全にデキあがっているらしく「気持ち…いい、気持ちいいよ。出していいよ。中で出していいからっ!!」と中出しOKをもらったので、遠慮はいらなくなった。
「俺のガキ孕め、できたらちゃんと産めよ」俺もラストスパートを掛けて、ガンガン腰を振る。
「できたら責任取ってよ」そう言ってナツミは笑った。
「イくぞ。中にたっぷり出してやるからな。全部奥で受け止めるんだぞ、エロ女」と罵倒を浴びせながら、恍惚な表情を浮かべるナツミの尻を鷲づかみにして奥底で思いっきり中に出した。
ドクドクと流れ込む精液と共鳴するように、ナツミの中もビクビクと動く。
ナツミにもその感触が伝わってるようだ。
これでナツミは完全に墜ちた。約束通り彼氏と別れ、今では俺の女だ。
俺のデカチンだけではなく、中出しにもハマったようで、俺たちは1度もゴムを使ったことがない。
俺のガキができたら、まぁその時はもらってやるか。

巨根で女性とセックスしまくった体験談

僕は飲食店経営をしている者です。
あるとき一人の女性がご来店されまして。
最初は普通に接客していました。
少々酔っているなと思って、すぐに帰るのだろうと思っていましたが、意外に長居しましたので、お店も閉店時間だし一緒にカウンターで飲むことになったのです。
彼女はたぶん30才くらいと思います。
髪も長く、いわゆる美人でした。
こんなきれいな女性がこんなに酔って一人で飲みに来るなんてと珍しがっていました。

しばらくするとその女性が言ったのです。
「マスター、今日お金足りないかもー」
僕は戸惑いまして、しかしそれを聞いたらとりあえずこれ以上飲ませることはできません。
本当に無いのですか?と聞いたら、彼女はおもむろに財布を取りだし「これだけー」と。
正直、十二分にありました。

そこでお会計も確保したところで、僕は悪いことを思い付きまして。
「僕の巨根を入れさせてくれたらこれから何杯も飲んでよいですよ」
そんな大人な提案を。
しかしそれを彼女は飲み込みまして。
「良いわよ、ためしに入れてみてよ」
とノリノリだったのです。
そうなったら僕も引く理由はありません。
そこから僕はお店で彼女と夜の営みをすることになりました。
店の扉の鍵も閉めずに。

それでも最初は本当にやっていいのかと迷いましたが、それでも僕の気持ちも後戻りできないこともあり、彼女を抱き寄せました。
キスをしながら「本当に僕は巨根だからね、はいるかな?」
と確認したのです。
そしたら彼女も「そんなに巨根なの?触らせて」と言ってくるしまつ。
そのまま彼女は僕のファスナーを下げてパンツも下ろしました。
彼女の顔の前には僕の巨根が現れたのです。
「すごいのね、本当に大きい」
僕のなかでもちょっと優越感に浸りましたが、ただこんなときにお客さんが入ってきたらどうしようという気持ちもありまして。
しかしそんな心配はお構い無く、彼女は僕の巨根をくわえ始めました。
それはとても気持ちがよく、僕の心も燃え上がってきています。
僕の巨根をくわえる彼女はとてもイヤらしく、その顔を見て僕も我慢ができなくなりました。

彼女を座敷に押し倒してパンツに手を入れました。
すでに準備万端の様子です。
そのときの彼女の表情は色っぽくて、すぐにでも僕の巨根を入れたくなりました。
最初はすんなりと入るのかなと思いましたが、途中から彼女の顔が歪みはじめて、僕も心配して抜こうとしたのです。
でも彼女は「その巨根入れればもっと飲んでいいでしょ?」と確認してくるので。
本当にいいの?と僕が確認しながら、多少強引に入れきりました。
彼女は少しキツめの顔でしたが、だんだん感じてきている様子で、見事に僕の巨根を楽しんだのです。

そして僕もイカせていただき、最高の夜となりました。
誰かに見られてなければ良いのですが。
そのあとも約束通り彼女は飲んでいきましたが、その間ずっと僕の巨根を触りまくっていました。
そしてその彼女はそれからいつも遅い時間に来て、僕の巨根を入れる代わりに、途中からタダ酒を飲んでいます。

出会い系を使って巨根が好きな女性と出会う・探す方法

出会い系を使っている人、登録している人は様々な目的で利用し、出会いを求めています。

また、出会い系は「人には言えない特殊性癖」を持つ人向けにも利用されており、アブノーマルなプレイを希望している人も多く登録しています。

 

今回は「巨根」というテーマ体験談を紹介しましたが、出会い系で簡単に巨根が好きな相手を探すことができます。

 

出会い系で巨根に興味がある相手を探す方法は簡単です。

①キーワード検索機能を使い、女性を探す!

キーワード検索機能」を利用することで、ピンポイントに興味がある相手を見つけることができます。

 

出会い系のプロフィール検索機能で検索窓にキーワードを書いて検索してみましょう!

「巨根に興味がある人」が一覧で表示されますよww

  • 巨根
  • デカチン
  • デカマラ
  • ペニス
  • 男性器
  • 下半身
  • アソコ
  • ちんこ
  • ちんぽ
  • おちんちん
  • アソコが大きい
  • アソコに自信
  • 大きいと言われる
  • カリ太
  • 下半身に自信
  • 極太
  • 太い
  • 絶倫

②掲示板投稿機能で興味がある女性にアプローチする!

各出会い系掲示板には投稿できる機能があります。

初心者は何を投稿したらいいのか分からないので、適当に投稿するけど、女性に全く見向きもされません!

そこで今回は「デカチン」に興味がある女性にアプローチするため【マル秘出会い系掲示板投稿文】を紹介します!

こちらはコピペ厳禁なので、メモに書いて、掲示板に投稿してください!

足跡がついた女性にアプローチして、LINE交換後はすぐに会ってアブノーマルなプレイができますよwww

マジで簡単なので、すぐに終わりますよ!

  1. 掲示板に書き込む
  2. 都道府県選択
  3. カテゴリー選択【アブノーマル・SM】
  4. タイトル・内容

3桁ヤリマンに最高のデカチン言われた笑

硬くて太くて長くて、けどどれも行き過ぎてないちょうどいいデカチンって言われました笑

性欲も強いので何回戦かできますよ!

とりあえず発散したい方、写メみて合格点でしたら、まずはメールでお話ししてみましょー!

巨根・デカチンを奥で感じる快感エッチ

デカチンに興味がありますか?

膣奥に当たるし中をかき回されるほど気持ち良いと言われます。

女の子が感じているエッチな顔を見ているのが大好きです!
フェラなんてしなくて良いくらいで、感じている姿を見るためならタップリ長い時間クンニしちゃいますしアナルも平気で舐めますw

普段は真面目で優しいですが、かなりエッチですw
お互いに私生活には干渉しない秘密の関係で(^^)
不特定多数は希望しないので、お助けお金絡みはお断りします!

お近くなら車で送迎できますしショッピングセンター駐車場で待ち合わせや駅で待合せも可能です♪

巨根が好きな相手を簡単に見つけることができるので、自分の性癖を受け入れられるので、お互いにとってスムーズな出会いができます。

特殊性癖を持つ人の多くの悩みは「人に自分の性癖を言えない」「特殊性癖を行うことが難しい」と考えている人が多くいます。

 

出会い系はそういった特殊性癖を持つ者同士をつなげる役割も果たしています。

また、一度巨根を経験すると、相性がよければそのままセフレとしてこれからも出会うことができます。

巨根セックス以外のアブノーマルなプレイもOKしてくれるかもしれませんww

-アブノーマル体験談
-, , , , , ,

Copyright© ケンゴの出会い系体験談ハメ撮りブログ|エロケン , 2020 All Rights Reserved.