Uncategorized 出会い系体験談

Tinder(ティンダー)で人妻看護師と出会い速攻でセックスできた体験談

ティンダーアプリで現役人妻看護師と出会えました。

まゆみさんのプロフィール

名前:まゆみ
年齢:35歳
身長:158
バスト:Fカップ
体型:ぽっちゃり 肉付きのいい身体
服装:少し胸元のあいたワンピース膝丈
職業:看護師
場所:船橋市
雰囲気:ちょっとおっとりした方で、タレ目色白
かかった金額:2万
使用サイト:ティンダー

Tinder(ティンダー)で人妻看護師からLIKEが!!

まゆみさんと僕が出会ったのは、ティンダー。
ティンダーは12時間おきに120回の「LIKE」が押せて、
月額も無料。
友人に進められて始めてみたのがきっかけでした。

僕は妻子がいますが、
セックスという行為が好きで、今までも自分の経営する飲食店スタッフや友人と時々セックスを楽しんでいました。

ティンダーで出逢えるかも解らないので、
半信半疑で始めて、顔写真などは投稿せず、後ろ姿などを写真として登録をしていました。
そんな曖昧な内容にも関わらず、
まゆみさんから「LIKE」をもらえたのです。

まゆみさんは、現役の看護師で、彼女も旦那と小学生のお子さんがいるママでした。
家族関係が悪いわけではなく、やはり彼女もセックスが好きな女性だったのです。

最初はサイト内のみでのやりとりで、
いやらしい会話はなく、日常の話などをしていました。
そこから友人として仲良くなり、LINEの交換をするようになりました。

人妻看護師がTinderでセフレ探し!お誘いLINEも!

LINEのなかでは日常の会話、ペットの話などをしていたのですが、
ある時彼女から

まゆみ
たくやさんって、セフレとかいる?

と聞かれたのです。

まゆみ
わたし、実はティンダーでセフレが何人かいたんだけど…
最近時間が会わなくなってしまって、セフレも自然消滅しちゃったの…。
たくやさんさえ、よければ私と一度あって、セックスしてみない?

LINEで彼女からセックスのお誘いが…。
ちょっと驚いたけど、もちろん僕はOKを出しました。
今まで友人のような接し方でしたが、
彼女のセックスを想像するようになったのです。
おっとりした大人しそうな女性が乱れる姿を思い描き、
会える日を楽しみにしていました。

初対面の印象は
写真よりもっと、柔らかい感じの方で、優しい雰囲気のなかに色気をかもし出していました。
少し胸元があいたワンピースが彼女の胸の大きさを表していて、
これからのセックスに期待を膨らませました。

人妻看護師と食事後即ホテルへ!

甘い声の彼女はとても優しく笑う、可愛らしい女性でした。
僕たちは、少しカジュアルなイタリアンバルでお酒を飲んでから、
近くのラブホテルに向かいました。
ホテルに向かう途中も手をにぎりあい、
二人でこれからのセックスに期待を膨らませていました。

シンプルな部屋を選び、
エレベーターに乗り込むと、彼女が上目遣いで

キスして?
とおねだりしてきました。
僕は軽いキスで彼女のおでこ、耳元、首筋へとキスをしていきました。
口にしてほしいぃと言いながら興奮していく彼女。

部屋につくなり激しく舌をからめあい、
ベッドへとたおれこみました。
彼女の柔らかい胸を優しく触りながら、ワンピースのホックを下げていき、下着姿にしていく。
薄紫色のレースの下着が色白の彼女によくにあっていた。

※画像

ブラのホックをはずし、胸をさわり、かたくなった乳首を舐めながら、
手をマンコに持っていくと凄い濡れていて思わず笑ってしまった。

まゆみ
わたし、濡れやすいから恥ずかしい

と顔をかくすが、パンツはシミが広がっていく。

パンツの横から指を一本いれてクリトリスを優しく撫でる。
ぐちゅぐちゅなので今にも中に指が入ってしまいそうだ。

甘い声でなく彼女。
もっと声を出してほしくてクリトリスへの刺激を強める。
大きな声を出す彼女がシーツを掴み仰け反っていく。
あふれる愛液がこんな風におしりの方まで垂れてきた。

※画像

下着をすべてはずして、
彼女のマンコがよく見えるように足を広げる。
恥ずかしそうにするが、期待の方が大きい表情だ。

欲求不満な人妻看護師にひたすらクンニしたらイキまくり!

彼女のマンコをなめ回し、クリトリスを吸ったり刺激を繰り返した。
仰け反っていく彼女、いきそうになっている。
指を一本入れて、浅いところを押し上げていく。

まゆみ
あっあっだめ!それだめ!

彼女の声がより大きくなった時、
潮を盛大に吹き上げた。
びしょびしょになりのも構わず、今度は指を二本に増やし、
彼女のいいところを突き上げクリトリスを吸い上げた。

イキ果てた彼女。
かなり疲れた様子だったが、目はとろんとしていて、より妖艶さをましていた。

まゆみ
たくやさん、わたしこんなの初めて…

彼女は僕のぺニスを触りながらキスを求めてきた。
彼女の愛液と、唾液が混ざりあい糸をひく。

まゆみ
私、フェラするのすきなんだ…

とうっとりした顔で、僕のぺニスをしごきながら、唾液を垂らす。
彼女の肉厚な口に深く包まれたぺニス。
かなり気持ちよく、先走りがでるほどだった。

唾液たっぷりに上下深く飲み込む彼女。
時にはぐちょぐちょにぬれたぺニスを、柔らかな谷間にはさみしごきあげていく。

※画像

こんな風に僕のぺニスが埋まってしまうほどの胸で、思わず一度射精してしまったが、
彼女への興奮からか、いちゃいちゃしていると5分ほどでまた回復した。

彼女のマンコに手をやるとまだ濡れている。
すっかりやわらくなった膣内に指を二本いれる。
彼女のあえぎは止まらない。
いきそうになると指を抜きを繰り返す。

彼女は泣きそうな声で、
早くぺニスが欲しいと懇願した。

焦らすとさらにあそこはグチョグチョに!

僕はぺニスをクリトリスに擦り付けながら、焦らし続けた。
ぐちゅぐちゅなマンコにはすぐぺニスが入ってしまいそうだ。

彼女は自分でぺニスを膣へと誘導し、腰を揺らした。

思わずぺニスを奥まで突き上げた。

声を抑えられない彼女。

まゆみ
あはぁっきもちいいーーー!!!
お願い…もっと…もっと…

と自分の指で乳首をいじりながら懇願してくるまゆみ。

お願い通り奥まで突き上げる。
生の感覚はたまらない。
思わずこちらもいきそうになる。

今度は彼女が上になりたいと言ってきたので、正常位のまま彼女を持ち上げた。
騎乗位になると、より深くまでぺニスが入る。

彼女は自分の胸を激しく掴みながら、
腰を打ち付けてくる。
下からの眺めはまたかなり良い。
長い髪をみだれさせ、口からはよだれ。
大きく柔らかい胸に彼女の指が食い込む。

※画像

騎乗位は彼女のいいところに当たるらしく、
激しく腰をグラインドしていく。
僕も下からぺニスを押し付けると彼女の声はまた大きくなった。

まゆみ
いくっ!!!いっちゃう!!!

ばたっと僕に上半身を預けてきた彼女に舌を絡ませキスをする。
もっともっととせがむ彼女。
膣内は痙攣しているのがわかる。
僕も限界。

ゴムをつけさせてもらい、
今度はバックからの挿入。
バックからの挿入も当たるらしく、
シーツを掴み、背中をそらせている。

僕は彼女の両手を掴みながら激しく打ち付けた。
彼女の声にならないようで、枕に顔を埋めた。
彼女の膣内のしめつけがより強くなるのがわかる。
もっと楽しませてあげたかったけど、
僕もピストンを早め思わずいってしまった。

彼女と僕は汗だくでベットで抱き締めあい、ディープキスを繰り返した。
お風呂に入る体力もなくしばらく裸のまま、ベットでいちゃいちゃした。

まゆみ
こんな気持ちいいセックス初めて…
すごかった…

と言ってくれた。
お世辞かもしれないが、嬉しかった。

休憩時間内に、二人でお風呂に入り、
またいちゃいちゃを繰り返した。

帰り際にはまた会う約束をして、今では月に一度会い、
むさぼりあうようなセックスをしています。
互いに割りきってるからこそセックスを楽しめる関係を築けています。

まとめ

RECOMMEND

no image 1

1,000円で5人とLINE交換ができる! 女子大生・人妻・OL・看護師・巨乳・M女 等 >>人気セフレアプリランキング<< >>70人以上とセックスできた人気アプ ...

-Uncategorized, 出会い系体験談
-, , , , ,

Copyright© ケンゴの出会い系体験談ハメ撮りブログ|エロケン , 2020 All Rights Reserved.